トピックス!!

THE KEY PROJECT 最新 アルバム
「OPEN YOUR HEART」ジャケット公開!

key

THE KEY PROJECT アルバム
「BACK THE DEMON」

keyTHE KEY PROJECTも結成9年目を迎え、青息吐息。かと思いきや、益々の上昇志向で虎視眈々!30代の修羅場、40代の荒波を乗り越えて、やっと辿り着いた50代。 百戦錬磨じゃ物足りない、真のROCKバカに捧げます。 このサウンドを作るための長い旅が終わり、このサウンドを聴かせるための長い旅が始まりました!

エンリケ(Bass&Vo)
1984年、BARBEE BOYSでデビュー。1992年、BARBEE解散。 以後、BICYCLE、THE STREET BEATS、BOW WOWなどに参加。 1998年から現在まで浜崎あゆみのサポートメンバーとして活躍中。

八重樫浩(Guitar&Vo)
1981年、十二単に加入。 1992年、Ann Lewis with PINXに加入。1995年、BOW WOWに参加。 その他、プロデューサー、ギタリストとして様々なアーティストと活動中。

工藤哲也(Drums&Vo)
1989年、NIGHT HAWKSのメンバーとしてデビュー。 元自衛隊員という、かなり変わった経歴の持ち主。 TOSHI(X-JAPAN)、近藤真彦、柳ジョージ、コロッケ、TRANSなどのサポートを努めてきた。
アマゾンでの購入はもう少々、お待ち下さい。


今井秋芳監督
による學園ジュヴナイル伝奇シリーズ最新作


「魔都紅色幽撃隊」で劇中曲を担当!

本作では全ての劇中曲(BGM)が3人によって生演奏として奏でられています。

魔都紅色幽撃隊
(↑)をクリックすると「魔都紅色幽撃隊」公式サイトを開きます。

ライブ情報

一般ライブ

★2016/12/11(日)新宿 御苑サウンド
★2016/12/21(水)渋谷 Lamama
★2016/12/31(土)青山 HEAVEN青山
★2017/1/8(日)浜松 Merry You
★2017/1/13(金)渋谷 TAKE OFF 7 ▲
★2017/1/15(日)四日市 BAR EAST ▲
◆詳細はScheduleをクリック!「▲」は詳細未定(2016/12/4:時点)です。

お知らせ


メンバー


工藤哲也 エンリケ 八重樫浩

2100

お問合せ

電子メールは「info@thekeyproject.jp」です。

公式スポンサー

九段ビューティークリニック


フェイスブック



サイト更新履歴

2016/12/4
Scheduleを更新しました。
2016/11/22
Scheduleを更新しました。
2016/10/14
Scheduleを更新しました。
2016/10/7
Scheduleを更新しました。
2016/9/13
Scheduleを更新しました。
2016/9/7
Scheduleを更新しました。
2016/9/1
Scheduleを更新しました。
2016/7/17
Scheduleを更新しました。
2016/6/11
Scheduleを更新しました。
2016/5/6
Scheduleを更新しました。
2016/2/22
Scheduleを更新しました。
2016/1/10
Scheduleを更新しました。
2015/12/29
Scheduleを更新しました。
2015/12/19
Scheduleを更新しました。
2015/12/5
Scheduleを更新しました。
2015/11/19
Scheduleを更新しました。
2015/9/24
Scheduleを更新しました。
2015/9/10
Scheduleを更新しました。
2015/8/2
Scheduleを更新しました。
2015/6/15
Scheduleを更新しました。
2015/5/4
Scheduleを更新しました。
2015/4/20
Scheduleを更新しました。
2015/4/5
Scheduleを更新しました。
2015/3/12
Scheduleを更新しました。
2015/1/18
Scheduleを更新しました。

最新CD情報


THE KEY PROJECT

ファーストアルバム
「KEY YOUR ROCK UP!」全11曲

2008/07/23 ON SALE!!
Starman Records DDCS-4024
2,800円(tax incl.初回版はDVD付き)

アマゾンからの購入はこちらで可能です。

さすが百戦錬磨!ロック魂が込められた1曲1曲がズドーンときます!若者達に決して負けることの無いパワーと、センスには驚きの連続です。 独特の世界観が埋もれていたROCKを目覚めさせてくれる!ダイレクトな詩もパワフルな曲も素晴らしいです。 こういうバンドはずーっと残っていって欲しいと思います。【MG.KODAMA】